艶肌の次は造顔

04 Nov 2016
0 Comment
艶肌の次は造顔

晩夏から秋にかけての企画「艶肌再生プロジェクト」で足繁くお通い頂いた方々から多数のお喜びのお声を頂いております。 ☆顔が小さくなったと言われた ☆フェイスラインがすっきりした ☆痩せた?と言われた ☆整形したの?と言われた ☆薄化粧で十分いけるようになった ☆ファンデーションを脱いでみたら、要らないことに気付いた ☆自分磨きを意識するようになった ☆自分の肌を触っていて気持ちがいい ☆ツヤツヤしてるね、と言われた ☆目が大きくなった などなど嬉しいご報告が後を絶ちません。 今月は、お肌の土台作りが出来たところで、 「この秋、お顔が変わる!秋の造顔プレミアムフェイシャル」 をご用意しました。 気持ちのいいダブル洗顔のあと・・・ ✿超音波リフトアップ・・・1秒間に何十万回もの振動により、たるみやシワ、セルライトをケア ✿秋バージョン♡デコルテマッサージ・・・胸元~首筋~頭部にかけてリンパと血行の流れを促します ✿秋バージョン♡フェイスマッサージ・・・表情筋をほぐし、リンパの流れを促し若々しい表情へと導きます ✿C.Cフェイシャル♡2種マッサージ・・・シャープな目鼻立ちをメイキング ✿肌別スペシャルパック&HASヒト由来幹細胞アイシート ✿整肌・・・お肌に合う美容液、クリーム、プロテクトを使用して仕上げます そしてさらには 効果長持ち「美肌ホームケアコスメ」(¥2,750相当)がついてきます! 上記のコースが初回限定で特別価格で提供させて頂きます。 税抜¥11,966のところ なんと、初回¥8,376! お得な3回券もございますので、詳しくは店頭にて。  

C.Cフェイシャルとヒト由来幹細胞元年

03 Apr 2016
0 Comment
C.Cフェイシャルとヒト由来幹細胞元年

昨年のサラリーマン川柳で1位だったのが、 「皮下脂肪 資源に出来れば ノーベル賞」 そして、ノーベル賞と言えば、京都大教授 山中伸弥氏が「ips細胞」で受賞したことは記憶に新しい。 ips細胞とは、皮膚や血液などの細胞に特定の遺伝子を導入し、心臓や神経、肝臓など様々な細胞になれる能力を持たせた細胞のこと。 再生医療や病気の仕組みの解明、創薬研究など幅広い応用が期待されています。 実は、美容と医療とは密接な進化を辿っていて医療が進めば、美容も進む・・・ つまり、「医療と美容は日進月歩」なのです。 当然、このips細胞もまた、美容の世界に取り入れられ、「幹細胞コスメ」が市場に出てきました。   特に「ヒト由来幹細胞培養液」が注目されています。 ヒト由来って・・・? どこからとるの? 実は、皮下脂肪からとるのです。 腹部や大腿部にある脂肪に幹細胞が多く存在することが分かり、簡単に供給できるようになったとか。 よって、皮下脂肪は美容の資源として使われているのです! うん、山中教授の発見は世の乙女に希望を与えたことにもなります。 この幹細胞を培養されるときに分泌される成分が「幹細胞培養液」 皮膚組織の主要成分であるヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンの再生にアプローチし、線維芽細胞の増殖、メラニン抑制、美白、チロシナーゼ抑制、抗シワ、発毛増毛などの試験で有意差が確認されています。 当サロンで選んだのが 「HASアンチエイジングシリーズ」 このシリーズの培養液には150種以上もの「成長因子=グロスファクター」が含まれていて、瞬時にお肌の透明感、ハリ感を与えてくれる最新の若返り効果が期待できます。 HASは世界最多の約20の特許を保有している優れもの。 それでは私も・・・と、ヒト由来幹細胞培養液を含んだ、マスクやアイシート、モイストローション、クレイ洗顔フォーム、シミ取りパッチなどなど、使用しています。 何しろ、今年は「ヒト由来幹細胞元年」になると言われていて、新しい物好きの私としては、試さずにいられない訳です。 マスクを使用して、フェイシャルを受け、自分でアイシートでお手入れした翌日、お2人の方が私の顔を見て、「キツネ目だ~」と言わせるくらいピーンと張っていたようです。うふふ。   このヒト由来幹細胞培養液を使用した、コースも始めました! ピーンと張ったハリ感、シャープな目鼻立ちをメイキングする「C.Cフェイシャル=クリアカットフェイシャル」とのコラボコースです。 ★C.Cフェイシャルコース10,800円+HASバイオマスク1,836円=12,636円のところ ⇓ ✿1回    9,300円(3,336円のお得) ✿3回コース 26,000円(11,908円のお得) ✿5回コース 45,000円(25,524円のお得) *5回コースには⇒HASアイシート60枚入り or HASバイオマスク4枚入りのいずれかついてくる! この春、C.Cフェイシャルと幹細胞パックで「美魔女」を目指してみませんか?