おいしい五月病

05 May 2017
0 Comment
おいしい五月病

連休が過ぎ、日常が戻ってくると、にわかに不安定になる人が増えることから「五月病」なんて言われてますよね。 就職、入学、転職…などで環境が変わり、知らないうちにストレスを溜めているところに気温の変化(季節の変わり目)が加わり、自律神経が不安定になって起こるといわれています。 ✿ビューテティシャンとしてお肌話をさせていただきますと、まずは「べたつきやすい」ということ。 ストレスフルになると、男性ホルモンにスイッチが入って皮脂量が増加して、べたつきやすくなります。 その皮脂があるから、意外と乾燥に気付かず、保湿を怠っていると水分を守ろうとして余計に皮脂が出て、吹き出物やざらつきの原因にも。 また、紫外線もピークになり、日光アレルギーなど引き起こしやすいのもこの季節。 5月を過ぎると、皮膚科が混み始めるらしいですよ。 そこで、 ☆やさしく丁寧にダブル洗顔 皮脂汚れとタンパク質汚れをちゃんと落とします。 ☆しっかり丁寧に保湿 化粧水はいつもより多めに使用。 クリームなども膜を作って、水分や栄養分を守ってくれるので効果的。 ☆パックなどでお肌を柔軟に 紫外線が強くなると、お肌が硬化してごわつき、水分の浸透を妨げます。パックでお肌を柔らかくしてから保湿すると潤い度が増します。 ☆日焼け止めクリームでUVブロック 一生のうち、どれくらいの紫外線を浴びたかによって皮膚の老化度が決まります。 特にピークのこの季節。しっかりガードしてお肌を守りましょう。 ✿あるけみ~さでは、アロマテラピー交えて、施術を行っています。 ☆五月病によいとされているアロマは・・・ ローズマリー・ラベンダー・ジャスミン・ベルガモット・シダーウッド・ヒノキ・レモングラス・ベチバー・ローズウッド・セントジョーンズワート…などなど。 ブレンドアロマも作っちゃいました。 デュフューザーで芳香したり、マッサージオイルにブレンドしたり。 使い方さまざまです。 そして、食いしん坊としては、食事バランスも考えたいところ。 五月病によい、栄養素は、ビタミンB群、ビタミンC、カルシウムなど。 豚肉、あさり、ブロッコリー、アボカド、イチゴ、ピーマン、小魚、海藻類、乳製品などに含まれています、 旬な食材だと、新キャベツ、新玉ねぎ、アスパラ、たけのこ、さやえんどう、マグロ、カツオなど。 だって、我ら人間の体は食べ物で出来ているのですから、おいしい&ヘルシー&楽しい食生活は元気の元! 我が家は食いしん坊家族。”食がかすがい”とも言いましょうか・・・ 食卓を囲みながら楽しい時間を過ごすことが仲良しの秘訣。 今夜はラムチョップステーキとなにかな~・・・とまあ、食いしん坊はやめられない。 なんか、五月病にかこつけてない?

すっぴんの理由

06 Sep 2016
0 Comment
すっぴんの理由

私は、ノーファンデで24年間過ごしています。 今日は、すっぴん物語です。 私は以前、化粧品会社にいました。 ただの化粧品会社ではありません。 『ファンデーション脱いでみて・・・』 がキャッチコピーの会社にいたのです。 「リール黒皮症」という顔中にあざのようなシミが出来てしまった女性が作った会社です。 その壮絶なシミの原因がなんと、きれいになるはずの「化粧品」だったのです。 特に、ファンデーションやメイク用品に含まれる「色素、香料、石油系基材」が肌の老化を招き、挙句の果てには、シミまで作ってしまったという事実。 彼女は、化粧品公害による国の認定患者となりました。 ある日、素顔のまま、小さな息子さんを膝にだっこしている時、息子さんにこう言われたとか・・・ 「ママのお顔、お化けみたい」・・・と。 もし、同じことを言われたら、どうします? 私なら、これまで自分のしてきた愚かさに腹を立て、さらには、シミを作るような化粧品を世に出した会社を恨んで、さらにファンデーションで厚く塗りたくり、シミを隠していたことでしょう。 しかし、その彼女は、自分で化粧品を開発してしまったのです! まず、シミの原因となるものを除外するには、ファンデーションを脱いでみることが先決。 シミだらけの顔をさらすには、勇気がいったはず。 次に、肌本来の新陳代謝を促す成分の補充が不可欠。 しかし、全くの素人からの出発でしたので、皮膚科学、生薬学、香粧品学を一から学び、専門分野の方々の助力を得て、ようやくオリジナル開発に至りました。 その美容家である彼女に出会ったのが、彼女が自ら会社を発足して4年目のこと。 当時、私は奈良から東京に出てきて、幼い娘を保育園に預けながら、不動産のパートの仕事をしていましたが、充足感を得る事がなく、どこか違う・・・と感じていたのです。 何か、この身を役立てる道はないものかと、アンテナを張っていた時の事です。 その出会いは突然やって来ました。 母の日舞の舞台を見に行った時、ティータイムにある女性と会話をしました。 それが、彼女です。 まるで、政治家のように滔々と理念を語り、女王様のような品格を備えつつも、ちゃきちゃき江戸っ子気質で飾りっ気がなく、混在するパーソナリティに興味と親しみを覚えました。 出会いは人生を変える・・・ そのセリフがぴったりくる瞬間でした。 1週間後には、不動産会社に辞表を出し、1ヶ月後には社員となっていました。 それからの11年間、仕事の醍醐味、能力発掘、人間関係の確執、自己成長・・・様々な貴重な体験をし、卒業させて頂きました。 その会社を辞めてなお、いまだにすっぴん道を歩んでいます。 「素肌美を維持助長し、人間生活の質的向上に寄与する」 これが、その会社の筆頭に挙げていた経営理念。 いまだに、私の根幹とするところです。   会社を辞めてからすでに13年。 私は、勤めていたころを含めると24年間、ファンデーションを塗っていません。 ずっと、素肌です。 海や山、キャンプに行くときも・・・ 結婚式やフォーマルな場所に出かける時も・・・ もちろん、毎日のサロンワークでも・・・   無精で素肌でいることと、磨き続けて素肌でいることとは、違います。 輝く、生来の素肌を取り戻すお手伝いをさせて頂くのが私の使命です。 ありのままで、かけがえのない自分になる・・・ そんな変化変容を巻き起こす「美肌仕事人」とでも言いましょうか? あなたもファンデーション脱いでみませんか?