大きな子ども

09 Feb 2016
0 Comment
大きな子ども

去年のクリスマスから始めたカラット診断。 22枚のカードと10色のカラーで心が求める未来を創る…という他にない診断です。 モニター体験にいらして頂いた方々から、講座のリクエストも頂いております。 近日中に、詳細をこのホームページ上に発表致しますので、少々お待ちくださいませ。 さて、先日カラット診断にお越しの方のラッキーカラーがレッド。 アドバイスカードが「力」。 もう、行動あるのみって感じですよね。 どんな困難も乗り越えていけそうです。 彼女はその日のうちに、国立のパワーストーンのお店「ネイビーローズ」に行って、自分用の鎖をオーダー。 翌日、見せに来てくれました。 レッドとオレンジでダウジングをしたところ、オレンジも強く反応したので、その2色のポマンダーを香るペンダントに入れて鎖のフックにつけてみました。 この鎖は、その人に合う石を選んで、店長がその場で手作りしてくれます。 ネイビーローズさんに行くと、夕方には激ウマビールが出てきたり、セラピストや整体師などが談笑している風景をよく目にします。 何だか、ひっくりかえったおもちゃ箱の中で、大きな子どもが遊んでいる感じ。 大人って、本当は自由なんだな~ 自由な発想で、なりたい自分や夢を描くことが出来るんだな~ なんて、感じてしまう訳です。 そう、赤を身に着けて夢に近づけるのなら、毎日身に着けて夢を叶えたっていいじゃない。 そんな他愛もないことで・・・という考え方もあるけど、形や色、文章にすることできっと実現が早まる。 あるけみ~さでも、販売してますよ。 水晶とスワロフスキーをあしらって、ハートのフック付。なんでもぶら下げることが出来ます。 天使をぶら下げると・・・ ラッキーを引き寄せて、夢を叶えちゃいましょ!

変化とチャンス

30 Jan 2016
0 Comment
変化とチャンス

最近よくこのカードが出ます。 ライダー版の「塔」とオーラソーマの「塔」 死神、悪魔などに続いて恐れられているカードです。 青天の霹靂のような予期せぬ事が起きる暗示でもあります。 実のところ、私はこのカードに導かれて今あるように思えるのです。 5年ほど前、その当時勤めていた会社で安寧な日々を送っていたころ、占いカフェで何気に受けたタロット占いでこのカードが未来の位置に出ました。 その時、占い師はこう言ったのです。 「破壊されるようなことが、むしろチャンスにつながる」と。 破壊・・・?! なんだろう・・・ 会社の倒産、リストラ、天災、家族崩壊、あわやクビ?・・・などと、いくら考えても予想出来ません。 破壊という事には、「自分の常識を打ち破る」という意味もあり、今思うと、自分の中で「変容」が起きていたのです。 変容とは、内的変化が外に現れた様子のこと。 例えば、あのさなぎが蝶に変身する時、一度ドロドロの液体になってから細胞を組み立て直して、あのさなぎの殻を打ち破り、蝶となって生まれ変わるのです。 まさに、「自分の殻を打ち破り、新しく生まれ変わる」といった感じかな。 ですから、私にとってこのカードは、「天の啓示による崩壊に基づく、新しい機会、方向性」となりました。 ポイントは、手放すこと。今までの古い考え、古い人間関係、習慣・・・など。 手放しが新たなより良き未来を引き寄せます。 色でいったら、「紫」。 オーラソーマの16番(塔のカードも16番)のボトルは「バイオレット/バイオレット」で上下紫。 そういう訳で、だんだんこのカードを恐れるどころか、好きになっている私です。   今日もその変化とチャンスを求めて、遠い茨城から寒い小雨が降る中、懐かしい方がご来店。 松澤栄子さん。 以前、オーラソーマで出張カラーセラピーをしていた頃の常連さん。 カラーセラピーを心から好きになれたのは、彼女たちのお蔭様なのです。 一日、ご自宅を提供して下さり、カラーを通して、たくさんの方のセッションをさせて頂きました。 皆様のドラマチックな出来事を読み解き、晴れ晴れとしたお顔を拝見するたびに、「あ~、やっぱりカラーっていいな~」と感謝したものです。 喜ばれることで、私も嬉しいのです。 今回、松澤さんが選んだカードにも、「塔」がお出ましに・・・ 変化はチャンスですぞ! 松澤さんのお気に入りのカードは、「マジシャン」=自立のカードです。 さあ、準備万端、自立のチャンスかな? ラッキーボトルは1番のフィジカルレスキュー「ブルー/ディープマゼンダ」 自分の人生の目的、使命、天命に目覚め、未来のヴィジョンを内側にしっかりとみることが出来ます。 ポイントは、相手の立場に立って、自分を表現することです。 松澤さん、寒い中、ご遠方から、本当にありがとうございました! 色とカードの両方を同時に短時間で学べる、「カラット講座」もあります。 詳しくは、お尋ねくださいませ。